麒麟がくる大河ドラマ館可児市のアクセス!電車,車,バスでの行き方

麒麟がくる ぎふ可児 大河ドラマ館

2020年(令和2年)1月11日(土曜日)に「麒麟がくる ぎふ可児 大河ドラマ館」が岐阜県可児市にある「花フェスタ記念公園の花のミュージアム」にオープンしました!

明智光秀(あけち・みつひで)を長谷川博己さんが演じる、NHKの2020年大河ドラマ「麒麟がくる」は放送前から何かと話題になっていますが、私は毎回大河を楽しみにしています。大河ファンって多いですよね!

そこで今回は、「麒麟がくる ぎふ可児 大河ドラマ館」の行き方をご紹介します。

このり

電車、車、高速バスでの行き方について紹介。最寄り駅からの徒歩でのルートや、「花フェスタ記念公園」までのタクシー乗車について、駐車場についても紹介しますので、参考になれば幸いです。

「麒麟がくる ぎふ可児 大河ドラマ館」の場所は岐阜県可児市!電車での行き方

まずは電車での行き方をご紹介します。東京から書き出していますが、関東以外の方は名古屋駅まで、各交通手段で向かいます。名古屋からはどの方面からも一緒です。
  • 約1時間40分
    東海道新幹線
    東京駅~名古屋駅下車
    東京からの人は東海道新幹線で名古屋駅に向かいます。

    駅探で時刻表を見る

  • 約30分
    名鉄犬上線
    名古屋駅~犬山駅下車
    犬山駅は特急も停車します。名鉄名古屋駅から犬山駅までは18駅。特急なら4駅目で25~30分、急行なら9駅目で約35分、普通なら18駅全駅停車で約41分かかります。
  • 約25分
    名鉄広見線
    犬山駅~明智駅下車
    名鉄広見線の「犬山駅」で乗車して「新可児駅」で乗り換えて「明智駅」まで24分です。
  • 約21~25分
    徒歩
    大河ドラマ館のある花フェスタ記念公園まで
    駅からは約1.6kmの場所ですが、ほぼ平坦な道のりです!

明智駅から花フェスタ記念公園までの行き方

明智駅からの徒歩でのルートをご紹介します。

このり

色々なルートがありますが、私はこのルートが一番おすすめ。おすすめルートは途中、畑や住宅の中の細い道を通ります。
他のルートだと整備された広い道(歩道有り)で行けますが、距離が伸びるのと、少し暗い感じなので人通りがもし少ないと怖そう。住宅街を通る道がいいかなぁと思います。

このり

明智駅下車から花フェスタ記念公園までのルートを画像で紹介

明智駅下車から花フェスタ記念公園までのルートを画像でご紹介します。

明智駅から徒歩で行く人は、事前にご自身でもマップでルートをチェックしてくださいね!

▲明智駅を出て踏切を渡ってまっすぐ行きます▲

▲途中に信号のある広い通りがあります。そのまままっすぐ▲

このり

左手に花木綿、右手にCAINZを見ながら、まっすぐまっすぐ!

▲左側に瀬田幼稚園が見えてきます。ここでもまっすぐ▲

▲こんな細い道に。車に気をつけてくださいね▲

▲畑の中の一本道~▲

▲右前方に割と大きな建物が見えます。手前で左に▲

▲もっと細い一本道~▲

▲隠れてますが右側に簡易ガレージがあります。前方に柵が設置された道が見えてきます。柵のある道を右に▲

▲花フェスタ記念道と書かれた道路。歩道有り。少し暗い感じ▲

このり

他のルートで行くと、こんな雰囲気の道を歩く距離が長いんです。おすすめルートのこの道は花フェスタ記念公園の西ゲートに続く最後の道です。

▲ローズ色の案内が見えてきます。西ゲートから園内へ♪▲

このり

約21分~25分の道のりです。歩きたくない!という人は、電車を明智駅まで乗らずに新可児駅で下車してタクシーで向かいましょう!

花フェスタ記念公園へのタクシーで行く場合

花フェスタ記念公園から一番近い「明智駅」にはタクシーが停まっていません。歩くのはちょっと…という人は、明智駅まで電車に乗らずに、乗り換え駅の「新可児駅」で下車し、タクシーに乗車がおすすめです。

▲新可児駅前のタクシー乗り場。この他にも周辺にタクシーが停車してます▲

スポンサーリンク

「麒麟がくる ぎふ可児 大河ドラマ館」の車での行き方

では、次に東京、名古屋、大阪各方面からの車での行き方です。

このり

各方面からの車での行き方の後には、ICからの駐車場への行き方や駐車台数、駐車料などについてもご紹介します。

東京方面からの車でいく場合

東京方面からは「東名高速道路」→ 御殿場JCTから「新東名高速道路」→土岐JCTから「東海環状自動車道」→「可児御嵩IC」を降りて約5分で着きます。

名古屋方面からの車で行く場合

名古屋方面からは「名神高速道路」→ 小牧JCTから「中央自動車道」→土岐JCTから「東海環状自動車道」→「可児御嵩IC」を降りて約5分で着きます。

大阪方面からの車で行く場合

大阪方面からは関ヶ原ICから「名神高速道路」→ 小牧JCTから「中央自動車道」→土岐JCTから「東海環状自動車道」→「可児御嵩IC」を降りて約5分で着きます。

花フェスタ記念公園の西駐車場への行き方

西駐車場に停めるときは、可児御嵩ICを降りて突きあたりを右折。「柿田」の信号を左折して進むと左手に西駐車場が見えてきます。

西駐車場には1,000台停められます。大きい公園なのでさすがの規模ですね!駐車料は無料です。

このり

園内の「花のミュージアム」内にオープンする「麒麟がくる 大河ドラマ館」は西駐車場からが近いですよ!
また、西ゲート入ってすぐの「旧フェスタタウン」では、2020年オープン予定の「ウェルカムガーデン」に関する工事が行われています。

▲完成イメージ。楽しみですね!▲

花フェスタ記念公園の東駐車場への行き方

東駐車場に停めるときは、可児御嵩ICを降りて突き当たりを左折。「古屋敷」の信号を右折して進むと右手に東駐車場が見えてきます。

東駐車場には700台停められます。駐車料は無料

11月13日(水)~2020年2月29日(土)は、東駐車場は閉鎖されています。ご注意ください。但し、2020年1月11日~13日と1月18日&19日の5日間は、「キッチンカーグランプリ」が開催されるため、東駐車場も利用できます。

「麒麟がくる ぎふ可児 大河ドラマ館」への高速バスでの行き方

次に東京方面から高速バスで行く場合の行き方について紹介していきます。

東京方面から「麒麟がくる ぎふ可児 大河ドラマ館」にバスで行く場合は、バスタ新宿から出ている高速バス(東鉄バス中央ライナー可児号)を利用します。

このり

新宿駅新南口のバスタ新宿発着の高速乗合バス「中央ライナー可児号」に乗って、多治見駅下車が便利です。
種類片道料金往復料金
大人5,240円8,910円
子供2,620円4,460円
学生割引4,190円8,910円

※12歳以上は大人料金。学生は学生割引運賃が適用されます。
※6歳以上12歳未満(小学6年生まで)は子供料金
※6歳未満は無料ですが、座席を利用する場合は子供料金

このり

大人料金の場合は往復だと1,570円、子供料金の場合は780円お得になります。

バスの時刻表や詳細については、東鉄バス公式ホームページで確認してください。

高速バス降車の後のアクセス

麒麟がくる大河ドラマ館の電車でのアクセス

  • 約20分
    JR太多線
    多治見駅~可児駅下車
    JR太多線「多治見駅」から「可児駅」は普通電車に乗車して20分~25分。

    駅探で時刻表を見る

  • 徒歩約1分
    JR可児駅~名鉄広見線新可児駅
    駅同士がとても近いのですぐに移動できます
  • 約25分
    名鉄広見線
    新可児駅駅~明智駅下車
    名鉄広見線の「新可児駅」から「明智駅」までは4分です。
  • 約21~25分
    徒歩
    大河ドラマ館のある花フェスタ記念公園まで
    駅からは約1.6kmの場所ですが、ほぼ平坦な道のりです!
明智駅から大河ドラマ館のある花フェスタ記念公園までの徒歩ルートは、この記事の上の「明智駅から花フェスタ記念公園までの行き方」のところをご覧ください。

このり

歩くのはちょっと…という人は、JR太多線「可児駅前」か、隣接している名鉄広見線「新可児駅前」から、タクシーに乗車がおすすめ。タクシーの様子もこの記事の上の「花フェスタ記念公園へのタクシーでの行き方」のところをご覧ください。
スポンサーリンク

「麒麟がくる ぎふ可児 大河ドラマ館」の基本施設情報

会場花フェスタ記念公園(可児市瀬田1584-1)
花のミュージアム ミュージアムホール
期間2020年1月11日(土)~2021年1月11日(祝日)
開館時間9:00〜17:00
休館日(定休日)年中無休(予定)
入場料金大人500円、小中高生200円
(一般団体400円、小中高生団体160円)
※花フェスタ記念公園入園チケットとセットになったお得な共通チケットも販売予定!
駐車場花フェスタ記念公園に東西駐車場有り。1700台分完備で駐車料金は無料
※東駐車場は閉鎖されている日も有

まとめ

花フェスタ記念公園では大河ドラマ館以外にも、明智光秀に関して「光秀ゾーン」「戦国イメージゾーン」「戦マルシェゾーン」と分けて展示されています。

また、「麒麟がくる」以外にも、花フェスタ記念公園は「バラと花のテーマパーク」と言われていて園内には花がいっぱい!バラに関しては世界最大級とも言われているくらいなんですよ。

園内はとっても広いので、ロードトレイン「花ポッポ」「夢ポッポ」が走っています。

このり

ぜひ、「麒麟がくる ぎふ可児 大河ドラマ館」「花フェスタ記念公園」に遊びに行ってみてください!私も大河ドラマが始まって盛り上がってきたら遊びに行く予定です♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)