炭酸水を買うのと作るのどっちが安いの?メリットとデメリットも!

ソーダストリーム

炭酸水って美味しいですよね!我が家は私と次男が大好きなので炭酸水は欠かせません。次男が4歳頃からずっと、ペットボトルの炭酸水を購入していました。

購入し始めて約3年…「当たり前のように買ってきたけど、もしかして作った方がコスパいいんじゃない?」ということで、炭酸水マシン「ソーダストリーム」を購入!

そこで今回は、ソーダストリームを購入して約半年、、炭酸水を買うのと作るのどちらが安いのか?それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

炭酸水好きの人に参考になると嬉しいです。

このり

コスパ比較!炭酸水は買うのと作るのどっちが安い?

毎日平均すると約1500mlリットル炭酸水を消費していた我が家の場合は、作る方が安いです。

炭酸水のペットボトルを購入していた時は、炭酸水1000mlを100円、500mlを55円(ポイント還元差し引き後)で購入。1日 155円×30日=4,650円(45リットル)

現在は、1カ月に1本ガスシリンダーを消費。ガスシリンダーは1本約2,150円(ポイント還元差し引き、代引き手数料加算後)なので、約2,500円安くなりました!

ソーダストリームのガスシリンダー

2本セットで購入しています

ソーダストリームのガスシリンダー

こんな大きさです

ちなみにガスシリンダーは1本60リットルの炭酸水(通常の濃度)が出来ると言われています。

私は、飲みかけで置いていた炭酸水にガスを再度注入したり、やや強めの炭酸水を作ることもあるので1本で60リットルは作れていません。

それでも、お得ですよね!

炭酸水を買うメリット・デメリット

炭酸水

ここからは、炭酸水を作るようになってみて感じた、炭酸水を買うメリットとデメリットをご紹介します。

メリット冷蔵庫に冷やしておけばすぐ飲める
色々な種類の炭酸水を試せる
デメリットペットボトルのゴミがたまる
買い忘れると面倒
作るよりコスパが悪い!高くつく

炭酸水を買うメリット

まずは2つのメリットから。

冷蔵庫に冷やしておけばすぐ飲める

炭酸水を購入して、冷蔵庫に冷やしてさえおけば、すぐに美味しい炭酸水が飲める!

「すぐに飲める=炭酸水を作る作業がいらない」のがラクだったなぁと思うことはあります。

色々な種類の炭酸水を試せる

炭酸水とひと言でいっても色んな種類がありますよね。

美味しいミネラル水で作られたきめ細やかな泡の炭酸水などは炭酸水メーカーでは作れないかもしれません。

こだわりのある人は、美味しい炭酸水を購入した方が味を楽しめるかかなぁと思います。

このり

炭酸水を買うデメリット

次に3つのデメリットです。

ペットボトルのゴミがたまる

炭酸水のペットボトル

飲めば飲むほどペットボトルのゴミがたまります。

スーパーのリサイクルにこまめに持っていけば良いけれど、それをしないと、次の回収までにたまるたまる!

このり

水なので臭いの心配はないけれど、場所をとるので困っていました。

買い忘れると面倒

炭酸水を飲もうと思ったら、気づいたらストックが無くなってた!がいつものパターン。いつもより飲むペースが早いと買い忘れることが多かったです。

ちょこちょこ買い忘れて、次男にブーブー言われていました。夜遅くに炭酸水がないのが発覚すると近くの自動販売機まで買いにいくはめに。。すごく飲みたい時に切らしていると嫌ですよね。

炭酸水メーカーで作るよりコスパが悪い!高い!

先ほどご紹介した通り、炭酸水メーカーで作るよりも高くつきます!

私は、できるだけ安い炭酸水を選んで買っていましたが、それでも炭酸水メーカーで作って飲むよりも一ヶ月約2,500円高い!一年で30,000円と考えると大きいですよね。

我が家は1日1500mlの消費ですが、これ以上に飲む人はもっと差額が大きくなります。

浮いたお金でソーダストリーム本体が買えてしまいます。

このり

炭酸水を作るメリット・デメリット

作った炭酸水

次に、実際に炭酸水メーカーを購入して、炭酸水を自宅で作るようになってみて感じている、炭酸水を作るメリットとデメリットをご紹介します。

メリットペットボトルのゴミが出ない
買うよりコスパが良い
微炭酸から強炭酸まで!好みの濃度で作れる
常に炭酸の効いたソーダ水が飲める
炭酸のきれたジュースやビールを復活できる
デメリット初期費用がかかる
交換用のガスシリンダーの購入が面倒くさい
炭酸水を作る手間がかかる

メリット

4つのメリットを一つひとつご紹介します。

ペットボトルのゴミが出ない

ペットボトルのゴミが出ないのが、こんなにノーストレスとは!びっくりするくらいラクになりました。場所もとらないし最高です~。

炭酸水を買うよりコスパが良い

先ほどご紹介した通り、我が家の場合は、炭酸水を買うよりも年間30,000円も安くなりました。大きい~!

微炭酸から強炭酸まで!好みの濃度で作れる

炭酸水

今日は強炭酸、風邪気味の時は炭酸弱めで…など、好みやその日の気分で炭酸濃度を変えれます。

普段はやや強めの濃度の炭酸水が飲みたいけれど、時々微炭酸を飲みたい日もあるので助かっています。

このり

常に炭酸の効いたソーダ水が飲める

炭酸水を飲みきらずに置いておくと、蓋をしていても少しづづ気が抜けていきますよね。

そんな時は、次に飲む時にガスを再注入して、常に炭酸の効いたソーダ水にすることが出来ます。

購入した炭酸水は、炭酸が少し抜けてもそのまま我慢して飲んでいたけれど、そんな心配がいらないのは思った以上に嬉しいことでした。

気の抜けた炭酸ジュースやビールを復活できる

ガスを注入すれば、気の抜けた炭酸ジュースやビールが復活!最後まで美味しく飲めるようになります。

デメリット

次に3つのデメリットです。

初期費用がかかる

炭酸水を作る上での一番のデメリットは初期費用

我が家はソーダストリーム スピリット スターターキット【公式限定ボトル付】を、PayPayモールのソーダストリーム公式店で購入。

ソーダストリーム本体とガスシリンダー1本、専用ボトル1000ml1個、500ml2個のセットを15,400円で購入しました。。

ソーダストリーム

スターターキット

公式限定ボトル付

約3,800円のポイント還元があったので、実質12,000円くらいの出費ですが、何となく大きな買い物をした気分になってしまいました。

交換用のガスシリンダーの購入が面倒くさい

ソーダストリームのガスシリンダー

2本セットで購入しています

私は、交換用のガスシリンダーもPayPayモールのソーダストリーム公式ショップで購入していますが、交換用のガスシリンダーの支払いは代引きのみ。古いガスシリンダーは配送の人が持ち帰ってくれます。

普段の買い物とちょっと勝手が違うだけで、何となく面倒くさい。笑

ちなみに楽天のソーダストリーム公式ショップで購入すると、使用済みのガスシリンダーは郵送するようです。郵送して到着すれば新しいガスシリンダーが配送されるみたい。PayPayモールよりも手間がかかってしまいます。

とはいっても、ネットや店頭で度々炭酸水を購入する手間と比較すると断然ラクですよ。

このり

私は、ガスシリンダー2本セットを購入して、2本目を取り替えるとすぐに、ガスシリンダー2本セットを発注。こうするとガスシリンダーの買い忘れをしないので、炭酸水をうっかり切らした!ということがなくなりました。

炭酸水を作る手間がかかる

専用ペットボトルに水を入れて、炭酸水メーカーにセットしてボタンを押さなければいけません。あと、専用ペットボトルは使い捨てじゃないのでいつも洗っています。これらが手間と言えば手間。

ただし、ペットボトルのゴミの世話をするよりはラクです!

このり

コスパも手間も炭酸水を作る方がお得でおすすめ

炭酸水を作るうえでの、「面倒くさい」や「手間」をデメリットとしてご紹介しましたが、トータルすると、炭酸水は買うよりも作る方が安い!コスパが良くて、手間も少なくて断然ラクだと思っています。

4年で12万円も節約できたのに…。

「炭酸水メーカーを買うなんて贅沢」と思っていたけれど、毎日ペットボトルの炭酸水を飲んでいる方がもっと贅沢だったとは…。もっと早く購入しておけばよかったです。

我が家はソーダストリーム Spirit (スピリット)を購入しました

我が家が購入した炭酸水メーカー(マシン)はソーダストリーム Spirit (スピリット)のホワイトです。

ソーダストリームから出ている5つの種類のマシンの中で、下から2番目のランク。

これに決めた理由は、ママ友と長男の友達からのリアル口コミ!「めちゃくちゃいいよ~!」「便利!」「これで充分だと思う」もうこれだけで即決!

炭酸水を作る時には専用ボトルを本体にセットして、上部にあるガス注入ボタンをしっかりと押して、「プス」という音が鳴るまで繰り返し押します。強炭酸が作りたい時は「プス」という音の後にもさらにボタンを押します。めちゃくちゃ簡単です。

ただし、私は今だにこの「プス」が分かっていなくて、適当に押しています。

ソーダストリーム スピリット

こんな私は、定価で5,000円高いもう一つ上のランク「Spirit One Touch(スピリット ワンタッチ)」にしておけば、ボタンを押すと自動で注入してくれるので良かったかもな~と思っています。

ソーダストリームの各機種の特徴をまとめましたので、ソーダストリームが気になる人は参考にしてみてください。

このり

このり

プレゼントにおすすめのe-sodaもご紹介します。私は姪っ子の結婚のお祝いには、見た目がオシャレなe-sodaにしました。

Source Power(ソース パワー) ホワイト/ブラック

強炭酸水・通常の濃度の炭酸水・微炭酸水の3種類の炭酸水がボタンひとつで簡単に作れる、全自動最上位モデル

Source v3(ソース v3) ホワイト/ブラック/レッド

前面にあるLEDライトが光って、いま作っている炭酸水が強炭酸水・通常の濃度の炭酸水・微炭酸水のどれかなのが分かるシステム。
前面のガス注入ブロックを自分で押す手動ですが、希望のライトが付けば押すのを止めればOK!手動最上位モデルです。

Spirit One Touch(スピリット ワンタッチ) ホワイト/ブラック

オススメ!人気No1の電動モデル。

強炭酸水・通常の濃度の炭酸水・微炭酸水のボタンを選んで押すだけでOK。Source Power(ソース パワー) よりも見た目の豪華さでは劣りますが、キッチンに馴染んで充分オシャレです。

Spirit (スピリット) ホワイト/ブラック/レッド

私が購入した手動モデル。

上部にあるボタンを押す長さで炭酸水の濃度が決められます。自分好みにアレンジできますが、日によっては間違えて再度注入することもあります。

GenesisDeluxe v2 (ジェネシス デラックスv2) ホワイト/レッド

こちらも上部にあるボタンを押す長さで炭酸水の濃度が決められます。

Spirit (スピリット)と違うのは見た目のデザインとボトルセッティング。Spirit (スピリット)はボトルを差し込んでカチッと音がすればOKなのに対して、こちらは差し込んでねじって(ボトルを回す)固定させます。

この他に、SodaStream Mini Deluxe(ミニ デラックス)も発売されています。これはSpirit (スピリット)のミニボトル(500ml)専用版。一人暮らしの人や、置く場所の高さがあまりない人に向いていると思います。

オシャレな炭酸水メーカー!e-soda

姪っ子の一人暮らしのお祝い(?)には、e-sodaを贈りました。本人にどっちが良いか画像を見せて、完全に見た目だけでチョイス。気に入って使ってくれているようです。

カラーはホワイトとシルバー、ブロンズの3色。姪っ子にはシルバーを贈りました。
【e-soda】で始める炭酸水のある生活

このり

キッチンやリビングをオシャレにしておきたい人におすすめです。



安くて美味しい!買う派の人におすすめの炭酸水はこれ

私は手軽に購入できる炭酸水の中ではウィルキンソンが一番好きです。スーパーで買うと500ml70円くらいで購入できます。

でも、もう少し安く買いたいなぁ…と探し求めた結果、ZAO SODA プレーンがコスパが良くておすすめ。強炭酸好きな人からは物足りないという口コミもチラホラあるけれど、強炭酸好きな私でも充分満足できる濃度でしたよ。

まとめ

炭酸水は買うよりもソーダストリームのような炭酸水メーカーで作る方が安い!コスパが良くて、手間も省けておすすめです。

お気に入りの炭酸水がある、味にはとことんこだわりたい人には不向きですが、もっと手軽に炭酸水を楽しみたい、ペットボトルのゴミを無くしたいと思っている人はぜひ検討してみてくださいね。